MENU

クリエーターになれる学校

女性

通信制という選択肢

将来ゲーム作りに携わりたいと思ったさいの選択肢としては、ゲームについて学べる学校を選ぶということです。一般高校では、ゲーム専門のところはありませんが、グラフィックを学ぶための美術家や、プログラムを学ぶための情報処理科といった選択肢があります。ただいずれもゲーム作りではなくその分野のスキルを学ぶためのものになります。一方でゲーム専門に学べる学校もいくつかあります。以前は専門学校という形が中心でしたが、近年は通信制高校でその分野のものを用意していることも多数あります。通信制高校のメリットとしては、授業料が安いということと学校に通う回数が少ないことです。反対にいえばモチベーションが重要になってきますが、まったくの独学よりは効率よく学ぶことができます。ゲーム分野で将来活躍したいといっても専業化されているため、すべてを個人が行うことは難しくなっています。通信制高校でも一般的な制作の流れなどを教えてくれますが、実際には絵を描くにしてもプログラミングにするにしても、またシナリオ作成をするにしてもセンスが必要になってきますので、事前に自身がどの分野が得意なのか理解しておくことが失敗しないためにも大切です。また通信制は自身のモチベーションが重要で、在学中からゲーム開発をするなどの努力も将来の成功へつなげることができます。これらはいずれも経験が全てで、開発を通じて学校で学んでいることも深く理解することができます。

Copyright© 2018 ゲームの専門学校で学ぼう!【将来したい仕事を決める】 All Rights Reserved.